パソコンメーカーのホームページを見ると、法人向けパソコンは個人向けパソコンと区別されて販売されていますよね。それぞれどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、法人向けパソコンに着目して、個人向けパソコンと比べてどのような違いがあるのか、また購入時はどのような点に着目して選べば良いのかについてご紹介します。

法人向けパソコンの特徴

法人向けパソコンは個人向けパソコンと比べて、デザインや性能面などにおいてどのような特徴があるのでしょうか。それぞれのパソコンのハードウェアやソフトウェアにはどのような違いがあるのか、比較してみましょう。

個人向けパソコンの特徴

個人向けパソコンは外観デザインからして凝ったいろいろなモデルが用意されています。使用者個人のライフスタイルや感性に合うよう用意がさせれているのがわかります。メーカーによって種類や数に違いはあります…

法人向けパソコンの特徴

どの業種においても必須アイテムとして定着してきたパソコンですが、職務でも個人・家庭向けに開発されたパソコンを使用している人が多いのではないでしょうか。確かにサーバーへの接続に関して一括管理する必要…

よく聞くBTOっていったいなんのこと

BTOとは、受注生産を指します。製造業のビジネスモデルの1つで、パソコンや自動車などを、顧客の注文に応じて生産・出荷することです。

法人向けパソコンのメリット

費用を安く抑えたいのなら法人向けパソコン

パソコンを企業で購入するときは台数が多くなるので、一台あたりの費用をなるべく安く抑えようとすることは珍しくありません。しかし、仕事に使う大切なパソコンですからスペック自体を下げることは避けた方が良いでしょう。企業で使うパソコンを安く購入したいのなら、法人向けパソコンの購入をお勧めします。各メーカーが法人向けに販売している製品で、価格帯も比較的低く設定されているのが特徴です。 法人向けパソコンは安いといっても、決して性能が悪いわけではありません。家庭用に販売されているパソコンで、仕事に必要のない部品やソフトを省くことで価格が安く抑えられています。性能の面では、家庭用とほとんど変わらないので問題なく使用することが可能です。

必要に応じたスペックを選ぶ

職場では、業務によってパソコンに求められるスペックが変わってきます。法人向けパソコンを購入するときは社内で全て統一するのではなく、業務内容によって必要なスペックのパソコンをそれぞれ購入することが大切です。まずは、その業務にどの程度のスペックが求められるのか確認してから購入するものを選びましょう。 販売されている時点で法人向けのパソコンには、基本的にソフトウェアは入っていません。各企業ごとに、必要になるソフトウェアを用意してインストールする必要があります。企業でまとめてOSを購入しているなら、OS自体が入っていないパソコンを選ぶことも可能です。必要最小限に機能を抑えることで、法人向けのパソコンはより安くて使いやすくなります。

法人向けパソコンの選び方

法人向けパソコンはその名の通り、法人、つまり会社で業務を行うために使用するものです。業務を円滑に進めるために、パソコンを購入する際にはどのような点に注目すればよいかについてポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。