使用シーンから選ぶ

スペックで選んでみよう


多くの企業ではスマートフォンやタブレットを導入しています。仕事をするときにはスマートフォンやタブレット以外にパソコンを使っているところも多いので法人向けのパソコンも購入してみましょう。ただパソコンは季節ごとに多くのものが販売されているので、どれを選んでいいのか迷ってしまいます。基本的に法人パソコンを利用するときには用途に応じたものを購入するのがおすすめです。具体的にはコストを重視して無駄のないパソコンを購入するのが適切といえます。パソコンはスペックにより価格が大きく変動するのでCPUやメモリに注目しておきましょう。メモリは8GBが主流ですが簡単な作業なら4GBがおすすめでHDDは500GB以上1TBくらいが理想的といえます。

持ち運びに便利なパソコンがおすすめです


デスクトップやノートパソコンを法人パソコンとして導入できます。事務処理や簡単な作業ならノートパソコンを買うのがおすすめです。ノートパソコンは自由に持ち運びができるのでカフェや自宅でも仕事をする事ができるのがメリットと言えます。また社内を移動してプレゼンや会議をするときにもノートパソコンを持っていきその場で使えるのでおすすめです。従来のノートパソコンに比べるとコンパクトサイズが多く持ち運びも便利なので検討してみましょう。またドッキングタイプも用意されていて、キーボードとディスプレイが分離するものもあります。こちらは分離させるとタブレットとして機能するので使い勝手も優れているのが魅力です。最近は指紋認証センサーもついているのでセキュリティ面も安心と言えます。